スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
手づくりのXmasリース
初めてのクリスマスリースです

子供の通う幼稚園で来月行われる「クリスマス会」で

教室に飾ってもらおうとお母さん方で作る予定です。

実際に制作する前に、作り方を教えていただきながら試作してみました。

生きた貝塚息吹の(緑の葉)を芋づるで作ったリースの土台に

バランスよく差し込んで、ポプリやリボン、松ぼっくりで飾り付けです

生の葉を使うので緑のいい香りが漂います。

NEC_0509.jpg

こちらの青いリースは先生(とっても素敵なリースを作られる先輩ママさん)の作品。

青や、紫が効いてます

リボンのドレープ加減も絶妙。 さすが師匠

NEC_0508.jpg

この赤いリースは初心者の私が作りました・・・。

写真で見るとごちゃごちゃしてるな~。

完成したときは、「これしかない!!」と思ったのに

二つ、三つと作ればきっと上手くなるはず。←作る気マンマン。

こういったクリスマスリースには由来があるそうです。

「輪」は始まりも終わりもないことから、永遠に続く神様の愛を、

「赤」はキリストの血を表わし、

「緑」は針葉樹に象徴される生命力

「白」は純潔を表すそうです。 う~ん・・・、知らなかったなぁ。

そう言った意味合いを知らなくてもリース作りはとっても楽しかったです。テへ。

柊の葉もよく使われますよね

柊=Holly Olive 、そうなんです。

ブログタイトルなんですね~

日本でも節分に柊といわしの頭を玄関先に飾ったりする風習があり、

厄除けの意味合いに使われれる事が多い柊ですが

「Holly Olive」でも手にしてくれた人達のアンラッキーが

少しでもラッキーに変わって、幸せな気持ちになってほしいなぁと言う

思いを込めながら日々精進です





クリックしていただけるとうれしいです^^
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ




スポンサーサイト
【 2012/11/22 17:06 】

| ハンドメイド 小物 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。